部品を極限まで長寿命化し堅牢性を追求したロングライフ設計 カラーA3複合機 「TASKalfa(タスクアルファ) 6052ciシリーズ」5機種と、モノクロA3複合機 「TASKalfa(タスクアルファ) 6002iシリーズ」3機種を新発売

発表日 2016年07月04日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:薄田 敏行)は、京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:九鬼 隆)製のカラーA3複合機「TASKalfa 6052ciシリーズ」5機種と、モノクロA3複合機「TASKalfa 6002iシリーズ」3機種を7月下旬より順次発売します。

WEB_Iris.jpg

新製品について

現在、ビジネスを取り巻く環境は、大きな変化を迎えており、オフィスで使用される複合機に求められるニーズも多様化しています。また、車や家電製品等の買い替え時期が長くなっているように、よいものを長く使うという時代の流れもあり、複合機も長期間使用できることが求められています。そこで当社が提案する「TASKalfa 6052ciシリーズ」は、そのような時代のニーズにお応えするべく、京セラが25年間培ってきた長寿命設計技術により堅牢性を追求したカラーA3複合機です。

今回発売するTASKalfaシリーズのラインアップは、小規模オフィスから大規模オフィスまで、さまざまな業務スタイルに合わせて導入できるカラーA3複合機、およびモノクロA3複合機合わせて8モデルを展開いたします。本商品は小径粒子の新トナー採用により、発色が高い色再現性で1,200dpiの高画質の出力が可能です。また、複雑な設定を必要としない「Wi-Fi Direct(オプション)」に対応しており、スマートフォンやタブレットを含むモバイル端末からプリントやスキャンなど複合機を活用した業務が可能です。さらに、使い終わったあとのトナーコンテナを廃トナーの回収タンクとして再利用できる京セラ初の機能も採用しており、資源の有効活用と削減にも配慮した設計になっております。その他、SRA3サイズ※1への対応による利便性や、操作部パネルのフレキシブル化など、多岐にわたり既存機※2から進化を遂げた新製品です。

  • ※1「SRA3」とは、A3サイズ(297 × 420 ミリ)よりも大きなサイズ(320×450ミリ)の用紙です。
  • ※2 TASKalfa 5551ciシリーズ

■カラーA3複合機

製品名

毎分出力速度(A4ヨコ) 希望小売価格(税別) 発売日 国内発売台数
TASKalfa 2552ci 25枚(カラー/モノクロ) ¥1,162,000 2016年7月下旬 900台/月
TASKalfa 3252ci 32枚(カラー/モノクロ) ¥1,215,000 600台/月
TASKalfa 4052ci 40枚(カラー/モノクロ) ¥1,500,000 2016年8月下旬 150台/月
TASKalfa 5052ci 50枚(カラー/モノクロ) ¥1,785,000 130台/月
TASKalfa 6052ci

55枚(カラー)/60枚(モノクロ)

¥2,185,000 60台/月

■モノクロA3複合機

製品名 毎分出力速度(A4ヨコ) 希望小売価格(税別) 発売日 国内発売台数
TASKalfa 4002i 40枚(モノクロ) ¥1,262,000 2016年8月下旬 60台/月
TASKalfa 5002i 50枚(モノクロ) ¥1,340,000 70台/月
TASKalfa 6002i 60枚(モノクロ) ¥1,620,000

30台/月

  • 上記価格は本体のみの価格であり、オプション、設置費用、保守料金等は価格に含まれておりません。
  • ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点のものです。

※1

「TASKalfa 6052ciシリーズ」の特長

[1] 交換するトナーコンテナが一目でわかる「トナーコンテナ交換ロック機能」を搭載

トナーを交換の際、どのトナーコンテナを交換すればよいのかが一目でわかる「トナーコンテナ交換ロック機能」を搭載しました。トナー交換時に前カバーを開けると、自動的に交換を必要とするトナーのカバーが開くため入れ替える必要がないトナーと間違えることなく、スピーディーに交換することができます。

toner.jpg

[2] 封筒からSRA3サイズまで給紙できる利便性を追求したカセット

A6、はがきサイズ、洋形2封筒など、今まで手差しトレイからおこなっていた特殊紙もカセットから印刷できるようになりました。さらに京セラ製品初のSRA3サイズに対応しており、A3サイズを実寸で見せたい資料もカセットからの給紙で出力することができます。

  • 「SRA3」とは、A3サイズ(297 × 420 ミリ)よりも大きなサイズ(320×450ミリ)の用紙です。

[3] FAX送信の宛先ミスを防止する「同報送信禁止機能」を搭載

FAX送信時に間違って同報送信してしまわないように、「同報送信禁止機能」の設定が可能です。忙しい時や焦ってしまったときにおこる人的ミスを防止します。また、FAXによる情報の流出を防止するため、情報通信ネットワーク産業協会が制定したガイドライン「FASEC1」に準拠しています。

[4] 京セラ初。使い終わったトナーコンテナをトナー回収タンクとして再利用が可能

初めての機能として、使い終わったブラックトナーのコンテナを、回収タンクとして再利用できる仕組みをとりいれました。これにより、資源の有効活用が図れ、より一層環境に配慮した製品の開発に貢献しています。

Disposalsmall.jpg

[5] モバイル端末で、操作部の表示を自分だけのオリジナルパネルにカスタマイズが可能

無償のアプリである「KYOCERA MyPanel」で、モバイル端末が複合機の操作パネルとして利用できます。よく使う設定を保存しておくことができるので、複合機のパネル操作が簡略化できます。

424small.jpg

[6] リモート監視で複合機の障害を防ぐ、リモートサポート「ECOSYS NET(エコシスネット)」に対応

複合機をリモートでサポートすることが可能です。例えば、なくなりそうなトナーを自動で届けることで、急なトナー切れを未然に防ぎます。また、複合機の状態をリモートで監視し、安定した使用をサポートします。

関連情報

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。