クラウドベースの印刷・スキャンアプリケーション「Kyocera Cloud Print and Scan」バージョンアップのお知らせ

発表日 2022年03月14日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝)は、現在発売中のクラウドベースの印刷・スキャンアプリケーション「Kyocera Cloud Print and Scan(京セラ クラウド プリント アンド スキャン)」のバージョンアップを2022年3月14日に行うことをお知らせします。バージョンアップでは、クラウドへの転送・連携機能の追加や操作性の改善を行い、より多様化する働き方に対応し、お客様の業務効率化に貢献します。

1118_KCPS.png

バージョンアップに伴う追加機能

[1] 受信ファクスのクラウドストレージ転送に対応

複合機で受信したファクスを、クラウドストレージに転送することが可能になります。これにより、テレワーク先でもファクスの確認や、その後の処理業務もスムーズに行え、業務効率の向上をはかることができます。

!

[2] 印刷ジョブの多彩な出力設定に対応

これまでは、複合機、プリンターに対する印刷指示は、カラー / モノクロ指定、片面 / 両面印刷などシンプルな設定のみでした。バージョンアップによって給紙カセットや排紙先の選択、ステープル・パンチの設定など、多彩な印刷条件を設定し印刷ができるようになりました。

  • ステープル・パンチなどの機能はオプションのフィニッシャーの装着が必要です。

!

[3] ビジネス向けクラウドストレージと連携

オンラインストレージサービスのOneDrive™、 Google ドライブ™、Box™ に加えて、ビジネス向けクラウドストレージとして代表的なOneDrive for Business™、Box Enterprise™との連携にも対応しました。

  • 記載の製品名は、各社の商標または登録商標です。

!

[4] 簡易認証印刷に対応

複合機のタッチパネルからログインする際にIDとパスワードを入力していましたが、PINコード(暗証番号)を入力するだけでログインが可能になり、手軽に認証印刷を始められます。

!

[5] バッチ印刷に対応

これまでは、Kyocera Cloud Print and Scanに保存されたジョブを印刷する際に、タッチパネルでジョブを指定する必要がありましたが、ログインするだけで保存したジョブをまとめて印刷できるバッチ印刷に対応しました。さらに、複合機にICカードをかざしてログインできるように設定すれば、タッチパネルに触れずに印刷することができ、感染予防対策に貢献します。

  • ICカードリーダーはオプションです。

!

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。