クラス最小、最軽量!ストレスなく使える操作性 在宅勤務、自宅学習にも最適なモノクロA4複合機「MA2000w」、プリンター「PA2000w」を新発売

発表日 2022年05月10日

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(社長:長井 孝)は、新製品として、モノクロA4複合機「MA2000w」、モノクロA4プリンター「PA2000w」の2モデルを2022年5月下旬より発売いたします。

本製品は、クラス最小、最軽量※1のコンパクトなデザインに、直観的でストレスなく使える操作性を備えており、購入後は簡単セットアップですぐにお使いいただけます。また、リモートで会社のファクスから送信、受信確認が可能な連携ソリューション※2や印刷先の誤り送信防止機能など、便利で安全なドキュメントワークをサポートします。

コロナ禍における働き方の変化で一般的になった在宅勤務、リモート授業で増えた学生の自宅学習、店舗や小規模オフィスの業務などのシーンで、簡単、シンプル、快適に使っていただくことができます。

  • ※12022年5月現在。国内販売の20枚/分以下のモノクロレーザーA4複合機、プリンターの機器寸法、重量において。
  • ※2当社ファクス対応複合機の使用およびVPN接続されている環境が必要です。

特長

[1] クラス最小、最軽量
[2] シンプルで使いやすい操作性
[3] 購入後すぐに使える簡単セットアップ
[4] 在宅勤務でも快適に使える機能

製品名

連続プリント速度(A4ヨコ) 希望小売価格 発売予定
モノクロA4複合機 MA2000w 20枚/分 オープン価格 2022年5月下旬
モノクロA4プリンター PA2000w オープン価格

[1] クラス最小、最軽量※1

デスクの上や脇のちょっとした空きスペースに設置しても邪魔にならないサイズ(幅350×奥行き233×高さ177mm)※2です。また、1人でも持ち運べる重量(4.5kg)※2※3で、必要な場所へ手軽に移動して使うことができます。

  • ※12022年5月現在。国内販売の20ppm以下のモノクロレーザーA4複合機、プリンターの機器寸法、重量において。
  • ※2PA2000wの場合
  • ※3トナーカートリッジを含む場合

!

[2] シンプルで使いやすい操作性

複合機モデルの操作部は前面にボタンを集約し、直観的に操作ができます。
またメンテナンス時の消耗品の交換も機器前面から、誰でも簡単に作業することができます。

!

[3] 購入後すぐに使える簡単セットアップ

プリンタードライバーやスキャナーを使うためのソフトウェアのインストールは少ないステップで完了できます。また、手間取りやすい無線LANの設定についても本体とアクセスポイントのワイヤレスネットワークキー(WPSボタン)を押すだけで設定可能です。また、機器の前面に貼りつけている二次元コードからセットアップ手順動画にアクセスでき、簡単に使い始めることが可能です。

[4] 在宅勤務でも快適に使える機能

  • ※①②③の機能はお使いになるPCに「KYOCERA Client Tool」のインストールが必要です。
  • 「KYOCERA Client Tool」の詳細はリンク先をご確認ください。こちら

① リモートで会社のファクスと連携

会社の複合機と連携すればファクスデータの確認、ダウンロード、送信も可能です。在宅PCでファクスの受信が確認でき、さらにファクスボックスに保存されたデータの確認、ダウンロードが可能です。また、送信したいファクス原稿をスキャンして会社の複合機を経由して送信も可能です。

  • 当社ファクス対応複合機の使用およびVPN接続されている環境が必要です。

② データマスキングで印刷物を安全に廃棄

印刷された紙の上に特定のパターンを印刷し、元の原稿や文字を読み取りにくくすることができる簡易シュレッダー機能を備えています。自宅で機密文書を廃棄する際に役立ちます。


③ 印刷指示のミスを防止

印刷するプリンターの選択を間違えて、印刷データを送ってしまうミスを防ぐため、PC立ち上げ時にデフォルトプリンターの確認変更画面が表示されるよう設定することができます。

④ モバイル端末から直接プリント

モバイル用アプリケーション「KYOCERA Mobile Print」※1を使うと、スマートフォンやタブレット端末から直接画像やPDFなどが印刷できます。※2

  • ※1無償アプリケーション
  • ※2コピー、スキャンは非対応です。Microsoft Officeは、iOS端末のみプリント可能、Android端末は対応していません。

!

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。