当社におけるパスワード付き圧縮ファイルの利用廃止に関するお知らせ

発表日 2022年07月25日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:安藤 博教)は、2022年8月1日以降の当社従業員が業務で使用するメールアカウントにおけるすべてのメールの送受信において、パスワード付き圧縮ファイルの利用を廃止させていただくことをお知らせいたします。お客様ならびにお取引先企業、関係機関の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

パスワード付き圧縮ファイルはファイルが暗号化されているため、メール受信時のマルウェアのチェックが極めて困難となります。昨今増加しているパスワード付き圧縮ファイルを添付することでセキュリティーチェックを回避するEmotetやIcedID、QakBotなどの感染経路として利用されるなど、悪意ある攻撃が世界中で多数確認されています。こうした背景を踏まえ、取引先のお客様と当社の情報セキュリティーをより一層強化する観点からこの度全面廃止を決定しました。

なお、当社とのファイルの授受の方法につきまして、適宜、当社の担当者(受信者)にご相談いただけますと幸いです。

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。