京セラドキュメントソリューションズは、ベトナム工場に新工場を増設し生産を開始

発表日 2022年10月12日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:安藤 博教 以下:当社)は、複合機およびプリンターなどの生産能力増強のため、ベトナム工場(ハイフォン市)に新工場(第4工場 / C棟)を建設し、10月5日に開所式を執り行いましたのでお知らせいたします。

ベトナム工場は、中国工場(広東省東莞市石龍鎮)に続き、2012年10月より生産を開始した当社にとって二拠点目の海外工場です。複合機およびプリンターの生産における世界情勢や新型コロナウイルスの感染拡大による生産拠点リスクを背景に、低コストで安定した製品を供給できる生産体制の増強を目的に本工場の増設をこないました。当工場ではモジュール生産ラインの自動化や自動倉庫を導入し生産ラインの稼働状況など工場内のさまざまな情報を見える化しています。その中で収集したデータを自動的にフィードバックし生産効率の改善を行うなど、IoTを活用した生産システム構築に向けた取り組み行っております。今後は、サプライヤーから製品の完成までを自動・デジタルで繋ぎ、それを分析・改善することで徹底的にムダを省ける物流網を構築し、スマートファクトリーの実現を積極的に進めてまいります。

また、当工場では、複合機やプリンターの製造拠点としての機能のみならず、研究開発機能を併せ持つ複合工場として、ベトナムの優秀なエンジニアの人たちに研究開発、設計、製造に関する研修などをおこない、その能力を生かせる職場環境を提供しています。私たちは、今後もドキュメント機器の生産量増大によるベトナム経済の活性化とともに、新たな雇用機会の創出による地域社会の発展に貢献してまいります。

同日、2012年より生産を開始したベトナム工場の10周年を記念して記念式典も開催されました。式典にはベトナム政府関係者、お取引先様、また当社グループ会社の幹部が出席いたしました。当工場では、今後も経営理念である「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を具現化するため、ベトナムでナンバーワンの魅力ある工場を目指して、日々工場の進歩発展に貢献してまいります。

第4工場 / C棟の概要

名称

京セラドキュメントテクノロジーベトナム 第4工場 / C棟

建設地

ベトナム工場内

建築面積

36,127m²

延床面積

108,871m²(RC造: 地上3階建て)

着工

2019年11月

量産開始

2021年7月

生産品目

複合機、プリンターの部品製造、トナー充填、物流倉庫

ベトナム工場の概要

工場名

KYOCERA Document Technology Vietnam Company Limited

住所

ベトナムハイフォン市VSIPハイフォン工業団地内No. 56A, 56B and 56C

社長

大形 治久(おおがた はるひさ)

敷地総面積

200,446m²

建築延床面積

221,776m²

緑化率

30.0%

従業員数

6,065名(2022年3月末現在)

生産品目

複合機、プリンター、トナーコンテナの製造および研究開発

沿革

2011年 7月 設立
2012年 10月 第1工場(A棟)プリンターおよび複合機の生産開始
2013年 4月 環境ISO14001国際規格を認証取得
2013年 4月 トナー充填ラインの稼働開始
2014年 12月 第2工場(加工棟)金型工場の稼働開始
2015年 12月 第2工場(加工棟)成型工場の稼働開始
2018年 3月 ベトナム工場で初のカラー機生産開始
2019年 4月 第3工場(B棟)竣工による生産および倉庫スペースの拡張
2021年 7月 第4工場(C棟)カラーA3複合機の生産を開始

  • VSIP とは Vietnam Singapore Industrial Parkの略で、ベトナムとシンガポール両政府が共同運営する工業団地開発プロジェクトのことです。

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。