ベトナム、中国の主力生産拠点2工場がRBA監査で認証を取得

発表日 2023年10月18日

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:安藤 博教、以下:当社)は、RBAのVAP監査において、京セラドキュメントテクノロジーベトナム(以下:ベトナム工場)がゴールド・ステータス認証を取得し、京セラドキュメントテクノロジー石龍(以下:中国工場)がシルバー・ステータス認証をそれぞれ取得したことをお知らせいたします。

Responsible Business Alliance(RBA)とは、電気電子機器(エレクトロニクス)業界のサプライチェーンにおける労働環境の安全性や労働者の権利を支援することを目的とした企業同盟です。

エレクトロニクス業界のサプライチェーンにおいて、自社事業に直接・間接的に携わる労働者の人権や労働環境の安全性が確保されていることや、製造プロセスが環境負荷に対して責任を持っていることを確実にするための基準を、RBAの行動規範として規定しています。

RBAでは、加盟企業がRBAの行動規範、法律、規制に基づいて労働、倫理、環境、安全衛生、管理システムが高い基準で遵守されているかを評価するVAP(Validated Assessment Program)監査プログラムを実施しています。

当社は2021年にRBAに加盟しメンバーとして活動しており、この度、ベトナム工場と中国工場における労働、倫理、環境、安全衛生などが、RBA行動規範に高いレベルで適合していることが認められ、認証取得に至りました。

    ベトナム工場
    中国工場

京セラは創業以来、敬天愛人の社是のもと、全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類社会の進歩発展に貢献することを経営理念とし、環境安全に関する法令、当社の同意した事項および自主基準を遵守してきました。今後も、これまで培ってきた技術やノウハウを生かし、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーション、社会貢献活動への参画・支援を通じ、社会課題の解決に向けて取り組んでまいります。

本件に関する問い合わせ先

京セラドキュメントソリューションズ株式会社 経営企画統括部 企業広報課
  • ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
    ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。