基本的な考え方

CSR活動方針

当社は、京セラグループの一員として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を経営理念に掲げ、人間として何が正しいかを判断基準とする「京セラフィロソフィ」をベースに経営を行っており、CSR活動の根幹となっています。この「京セラフィロソフィ」の実践を通して、CSR課題の解決に取り組み、ステークホルダーとの相互信頼の構築、京セラグループの持続的な発展をはかるとともに、社会の健全な発展に貢献していきたいと考えています。

●CSRの概念図

CSRの概念図

国際的なイニシアチブへの参加

当社は以下の国際的なイニシアティブに加盟し、サステナブル活動を推進しています。

国連グローバルコンパクトロゴマーク
国連グローバル
コンパクト
ロゴマーク

国連グローバルコンパクト

UN Global Compact(UNGC)とは、人権、労働、環境、腐敗防止における普遍的な10原則を示したもので、世界各国の企業に対して、支持し実践することを求めています。京セラグループは2011年9月よりUNGCに参加しています。

RBA(責任ある企業同盟 / Responsible Business Alliance)

当社は2021年12月にRBAに加盟しました。RBAは、世界の電子機器メーカーや大手サプライヤーなど約190社で構成されており、グローバルなサプライチェーンを通じて環境・安全・倫理・人事・管理システムの領域でサステナビリティの向上を目指しています。

RBA Logo
RBAロゴマーク

RMI Logo
RMIロゴマーク

RMI(責任ある鉱物調達イニシアチブ / Responsible Minerals Initiative)

当社は2021年8月にRMIに加盟しました。RMIは、責任ある鉱物調達に関する取り組みを主導している団体で、世界で10以上の業界から、400社以上の企業や団体が参加しています。

メニュー

稲盛和夫オフィシャルサイト