知的財産の保護

京セラドキュメントソリューションズは、研究開発による成果を知的財産権として積極的に取得することで、自社製品ならびに自社技術の保護を図っています。また、お客様が安心・安全に当社製品をお使いいただくために、偽造品に対する取り組みも行っています。

報奨、補償、奨励制度

  • 特許、実用新案、意匠が出願、登録されたとき
  • 特許、実用新案、意匠が当社の製品で実施しているとき
  • 特許の売却や、ライセンスで利益があった場合
  • 将来性があると認められた戦略的な特許出願をした場合

については、発明者、考案者、創作者には、報奨金、補償金、奨励金を支払います。このように、発明をした従業員などに対する報奨と補償および奨励の方法を明らかにすることにより、発明に対する意欲の向上を図り、もって会社の発展に寄与するよう努めています。

環境関連の発明発掘

環境関連テーマとして、当社独自のエコシスコンセプトに基づく長寿命化技術や、低融点トナーと低温定着を用いた省エネ技術、および、モーター、ファン、駆動系の静音化などの環境配慮技術について、製品開発で生み出された技術やアイデアを、発明として積極的に発掘しています。
こうした取り組みにより、これらの技術に関する知的財産の保護、そして、積極的な活用による環境負荷の低減を推進していきます。

偽造品に対する取り組み

摘発された偽造品
摘発された偽造品

近年、世界各地で偽造品のトナーコンテナが確認され、これらの使用に起因する製品本体の故障事例も報告されています。このような偽造品を製造・販売する行為は、当社を信頼して製品を購入して下さったお客様に多大なご迷惑をおかけするものであり、また、当社の知的財産権を侵害する違法な行為でもあります。
当社では、偽造品の被害からお客様を守り、安心して製品をお使い頂けるよう、偽造品の撲滅へ向けて世界各国で下記の取り組みを進めています。

1. 偽造品業者への対応

偽造品を製造・販売する業者に対しては、今後は偽造品を取り扱わない旨の誓約を求めるとともに、偽造品の破棄、仕入先の開示などを要請し、取締機関に摘発と処罰を要請するなどの対応により、偽造品流通の拡大を防止しています。

2. 税関水際取締制度の活用

各国の税関に対して、偽造品の輸入・輸出の水際での差し止めを要請しています。また、取り締まりの効率を上げるために、税関職員を対象に当社トナーコンテナの真贋判定方法を説明する取り組みも行っています。

3. 真贋判定用ホログラムシールの採用

トナーコンテナ製品に真贋判定用ホログラムシールを貼り付け、純正品と偽造品を見分けやすくする工夫を施しています。

京セラグループの知的財産保護活動

メニュー

稲盛和夫オフィシャルサイト