社外からの表彰

「2021日本パッケージングコンテスト 電気・機器包装部門賞」を受賞

パルプモールドを使用した包装のカットモデル
パルプモールドを使用した包装のカットモデル

当社のA4プリンターの製品包装が、公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「2021日本パッケージングコンテスト」にて、「電気・機器包装部門賞」を受賞しました。当コンテストは日本で最大規模の包装コンテストで、3年連続15回目の受賞です。
今回受賞した包装は、脱プラスチックのため、緩衝材に発泡スチロールではなく古紙をリサイクルして作られたパルプモールドを使用しています。パルプモールドの緩衝材は、発泡スチロールの緩衝材に比べると、一度衝撃で破損してしまうと元に戻りにくいという問題があります。その問題を解消するために、製品と緩衝材が接する面積を極力増やし、衝撃を分散させる包装設計を行いました。最も落下頻度が高いと想定される底面からの落下において、1.5mの高さから落としても製品が破損しないように、荷扱いの衝撃に耐えられる包装を実現しています。
また、今回開発したパルプモールドは、発泡スチロールと同等の干渉性を持ち、外箱と製品の緩衝距離を発泡スチロール使用時と同様に3cmに抑えたコンパクトな包装を実現しており、製品輸送における効率化も図っています。
今回の開発は、「脱プラスチック」に取り組み、選考基準である省資源化と環境問題への対応などが評価され、名誉ある賞をいただきました。

「サステナビリティアワード」を受賞

ロゴ

京セラドキュメントソリューションズ ドイツは、サステナビリティ戦略が評価され、「German Award for Sustainability Projects」を受賞しました。この賞は、ドイツサービス品質研究所、ニュースチャンネルntv、DUP誌が、ブリジット・ジプリーズ元連邦経済大臣の後援を受けて授与するものです。この「German Award for Sustainability Projects」は、サステナビリティの分野における企業のベストプラクティスをより多くの人に知ってもらうことを目的としており、専門家で構成される審査員が、企業や団体のCSRプロジェクトをエコロジー基準に基づいて評価します。原材料の効率化、リサイクル、環境保護に加えて、教育、健康、雇用などの社会的目標も評価の対象となります。京セラドキュメントソリューションズ ドイツは、サステナビリティ戦略部門で高い評価を得て、1位を獲得しました。審査員は声明の中で、「京セラドキュメントソリューションズ ドイツはCSRにおける業界のパイオニアであるとともに、パートナー様も取り込んだ 環境保護活動は大きな影響を持つ」と評価しています。

  

京セラドキュメントソリューションズ ドイツのCSRマネージャー、Daniela Matysiakのコメント

「当社にとって、環境保護は長年にわたり重要な役割を果たしてきました。”Print Green”プロジェクトの一環として、当社はトナーや複合機を環境に配慮した形で提供しています。これは、ゴールドスタンダードを獲得した3つの国際的な環境保護プロジェクトに投資することで、2020年以降、クライメイト・ニュートラル企業となっています。さらに、Deutsche Umwelthilfe(ドイツ環境保護団体)と協力関係にあり、約35年前から”Living Rivers”プロジェクトの一環として自然保護プロジェクトに参加しています。当社のサステナビリティ戦略は、当社の事業戦略と密接に関連しており、継続的に推進しています。今回、専門家の審査員がこうした活動を評価し、第1位を授与してくれたことを嬉しく思います。」

「APCOアワード2021」を受賞

受賞記念のトロフィー
受賞記念のトロフィー

京セラドキュメントソリューションズ オーストラリアは、Australian Packaging Covenant Organization(APCO)のエレクトロニクス部門賞を受賞しました。これまでAPCOアワード2018および2020を受賞しており、今回が3度目の受賞となります。
APCOは、オーストラリアにおけるパッケージングの循環型経済の発展をリードする非営利団体です。毎年開催されるAPCOアワードの授賞式では、持続可能なパッケージングデザインとイノベーションを主導する組織を表彰しています。

大阪府共同募金会から感謝状を受領

大阪府社会福祉大会での感謝状の贈呈
大阪府社会福祉大会での感謝状の贈呈

京セラドキュメントソリューションズ本社、および枚方工場は、 これまでの永年に渡る 共同募金活動への協力に対し、社会福祉法人 大阪府共同募金会から、「令和3年度大阪府社会福祉大会」において感謝状が贈呈されました。募金は大阪府共同募金会を通じて、地域の福祉施設や支援を必要とする方々のために役立てられます。
当社は、2001年より共同募金活動への協力を実施しており、民間社会福祉事業の向上発展に対する長年の貢献が認められ表彰されました。

優秀安全運転事業所として金賞を受賞

安全運転センター三重事務所の所長(左)と西村工場長
安全運転センター三重事務所の所長(左)と西村工場長

玉城工場は、自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所として、金賞を受賞しました。工場周辺には公共交通機関が少なく、通勤はもちろん日常生活においても自動車は欠かすことができません。そのため、業務はもちろんですが、業務以外においても、決して交通事故などを発生しないよう、交通安全強化月間を設けて交通安全指導を実施したり、事故の内容を工場内で共有して社員に注意喚起するなど、工場全体で安全運転を心がけるように取り組んでいました。引き続き、交通事故などが発生しないよう、安全運転に努めていきます。

※ 金賞の授与基準:
・対象事業所:20人以上
・(交通違反を犯した社員数/社員総数)x100 : 2%以下
・(交通事故を起こした社員数/社員総数)x100 : 0.5%以下

「第20回ゴールデンドラゴンアワード」を受賞

授賞式
授賞式

ベトナム工場は、ベトナム経済タイムス主催の「第20回ゴールデンドラゴンアワード」を受賞しました。
ベトナム経済タイムスはビジネス層の購読が多い経済誌であり、本誌は、毎年ベトナム国内に所在する外資系企業を対象に、業績やベトナムへの投資・貢献、環境への取り組みなどを総合的に評価し、上位60社を表彰しています。

メニュー

稲盛和夫オフィシャルサイト