Home > サステナビリティ > 環境報告 > 製品の回収・リサイクル段階での取り組み > 製品使用後―トナーコンテナの回収・リサイクル

製品使用後―トナーコンテナの回収・リサイクル

京セラドキュメントソリューションズのトナーコンテナは、現像ローラーやクリーニング機構が内蔵されていないため、簡単で再使用に適した構造になっています。当社は、1998年からトナーコンテナの回収・リユースに取り組んできました。お客様の下で使用後に空になったコンテナは、回収センターに集められた後、再生工場に搬送されます。再生工場では、選別基準に従って再使用可能か否かをチェックし、合格品のみを再生工程に投入します。再生工程では、初めに清掃を行い、その後外観検査や気密試験など新造品と同等の厳しい検査を行います。合格したコンテナにトナーを充填し、再び製品として市場に出荷します。

●リユースの工程

トナーコンテナのリユース工程

海外におけるトナーコンテナの回収・リサイクル

海外においても使用済み消耗品の回収・リサイクルシステムを構築し運用しています。詳細については、以下のサイトでご確認ください。(英文)

メニュー

稲盛和夫オフィシャルサイト

Home > サステナビリティ > 環境報告 > 製品の回収・リサイクル段階での取り組み > 製品使用後―使用済みトナーコンテナの回収・リサイクル