Home > サステナビリティ > ベトナム工場

ベトナム工場

工場外観 写真

ごあいさつ

社長 大形 治久 写真
社長 大形 治久

ベトナム工場は、中国石龍工場に続き、2012年10月1日より生産を開始した京セラドキュメントソリューションズにとって二つ目の海外工場です。当工場は、経営理念である「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を具現化するため、ベトナムでナンバーワンの魅力ある工場を目指して、日々工場運営に励んでいます。さらに、製造拠点としての機能のみならず研究開発部門も設置しており、ベトナムの優秀な人たちがその能力を生かすことができる職場環境を提供することによって、ベトナムの地域発展に貢献いたします。

●工場概要

工場 KYOCERA Document Technology Vietnam Company Limited
住所 ベトナムハイフォン市VSIPハイフォン工業団地内No. 56A, 56B and 56C
敷地総面積 200,446m²
建築延床面積 226,777m²
緑化率 30.0%
従業員数 5,177 名(2021年3月末現在)
事業内容 複合機、プリンター、トナーコンテナの製造および研究開発
沿革
2012年 10月
プリンターおよび複合機の生産開始
2013年   4月
環境ISO14001国際規格を認証取得
2013年   4月
トナー充填ラインの稼働開始
2014年 12月
金型工場の稼働開始
2015年 12月
成型工場の稼働開始
2018年   3月
ベトナム工場で初のカラー機生産開始
2019年   4月
B棟竣工による生産および倉庫スペースの拡張
2021年  1月
C棟竣工によるA3カラー複合機の生産準備開始
メニュー

稲盛和夫オフィシャルサイト

Home > サステナビリティ > ベトナム工場 > ベトナム工場概要